• デリバリーヘルス

    作成日:
    概要:
    デリバリーヘルスは出張ファッションヘルスとなる。現在は法の観点から、このシステムを取る風俗経営が増加している。 無店舗型となり、待機場所はなく、働く女性は、ネットカフェや自宅などで声が掛かるのを待つ。 「ホテルヘルス」や「出張エステ」も店舗によりマチマチなものの、サービス形態は似ている。 風俗の王様はソープと呼ばれているが、デリヘルは現風適法においては主流であり、王座はデリヘルと言える。 風適法の定める営業時間は適応外のため、24時間営業が可能となっており、深夜から早朝にかけての就業を希望する場合は都合が良い。
    サービス:
    店舗により異なりは見せる場合がある。そのため就業を検討する場合は店舗への問い合わせが良い。一般的なサービスは以下になる。
    お客、キャストはシャワーを浴びる。性行為以外の性的サービスを行う。店舗側は性行為を強要する事は管理売春にあたるため出来ない。
    歴史:
    1999年に風営法改正が施行され、都心を中心に急増しており、2000年代に入ると地方でも増加している。 警察白書によると、平成21年から平成25年までで、4166件増えている。他の業種はインターネットサービス、ラブホテルの増加が見られる。 ラブホテルの増加は、デリヘルホテヘルの急増による影響で、それ以外の店舗型の性風俗店は軒並み減少している。
    法の観点:
    風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第7項第1号に、 「人の住居又は宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」 と規定されている。受付があれば店舗とみなされ店舗型風俗営業となり、営業時間の制限が設けられる。しかし無店舗型性風俗特殊営業の規制が店舗型に比べて緩い。
    求人:
    デリヘルは現行、主要風俗業となっています。また新規参入が他の業種に比べて容易なため、 安直、ずさんな経営に出会うかもしれません。ミイルではその点も考慮に入れ選定された求人ですが、 お探しの際は、その点を注意すると良いでしょう。
    ミイルの取扱い風俗求人一例